自動パッチクランプ

イオンチャネル研究をより簡単に

自動パッチクランプ装置

自動パッチクランプはパッチクランプ技術に革命をもたらしました。これまでネックとなっていた高度な技術が不要となり、大幅なスループットの向上が可能となりました。本技術では、従来のマニュアルパッチクランプで使用されていた微小なガラスキャピラリーの代わりに、平面上のホウケイ酸ガラスチップを使用し、この平面上のガラスチップに微小な穴をあけることにより、キャピラリーの代わりとして使用します。精密な陰圧のコントロールが可能なサクションコントロールユニットを使用することで、ガラスチップの穴に単一の細胞を捕らえ、細胞とガラスチップの間に高抵抗シール(ギガオームシール)を形成します。マニュアルパッチクランプと同じ素材のガラスを使用しているため、測定データは非常に高い相関を示します。複数の細胞を同時に測定することも可能なため、簡単にスループットを向上することができ、またマニュアルパッチでは難しい細胞内液灌流も可能です。

自動パッチクランプの利点

イオンチャネルは、すべての生細胞に存在する膜タンパク質で、あらゆる生理的なプロセスに関与しており、その機能不全は多くの疾患につながるため、創薬ターゲットとして非常に重要です。イオンチャネルの生物物理学的特性の研究にはパッチクランプ法を用いるのが一般的ですが、この手法は非常にスループットが低く、かつ実験を行うには高い技術が必要となるのが問題です。一方で自動パッチクランプ法を使用することで、だれでも簡単にパッチクランプデータを得ることができます。また、自動パッチクランプでは、複数の細胞を同時に記録することもできるため、統計的な解析や化合物のスクリーニングなどを高スループットで行うことができます。

イオンチャネル研究のゴールドスタンダード

イオンチャネルに関係する病気の研究、化合物ライブラリのスクリーニング、イオンチャネルの生物物理学的な特性の研究や心臓安全性スクリーニングなど、イオンチャネルに関係したあらゆる研究に適した装置を当社はご提供します。幅広いスループットレンジで高い実験柔軟性を有する高品質な製品、そして世界的に定評のあるユーザーサポートにより、イオンチャネル研究の発展に貢献いたします。

How can we help you?

Contact our specialist Dr. Alison Obergrussberger (Scientific Communications Manager). Alison is delighted to help you:

Ali.Obergrussberger@nanion.de

or call: +49 89 2190 95-078
or connect via LinkedIn